ブラックジャック必勝法

ブラックジャック必勝法

大きく損をすることがなく長くプレイできる賭け方なので、初心者がブラックジャックに慣れるまでの必勝法としておすすめです。 ブラックジャックの基本的な考え方を理解したところで、いよいよブラックジャック必勝法をご紹介していきます。 初心者はカードを追加するかどうかの判断に迷いますが、決してディーラーにアドバイスを求めてはいけません。

このストラテジーを使用すると、プレーヤーにとって好機(ピボットポイント)がいつなのか簡単にわかるようになります。 ポイントがゼロに達した場合は、統計的に見てプレーヤーがディーラーに対して1%の利点を得ているとみなし、これに従ってプレーヤーはベット額を上げるときと判断します。 このシステムで期待できる利益は平均1~2%であり、500ドルをベットした場合、統計的に獲得できる勝利金は5ドル~10ドルということになります。 例えば、初めに配られるカードを分析して「小さな数字のカードが多く出ているな」と思ったら、プレーヤーに有利な状況であるとみなしベット額を上げます。 ジパングカジノは日本人向けに15年以上オンラインカジノを運営している信頼性抜群の老舗カジノ。 ただいま当サイトから新規登録をすれば50ドルの入金不要ボーナスが贈られます。

すなわち、ディーラーには判断の余地はなく、機械的にカードを配る役割を遂行しているだけということになります。 かといってポーカーのように実力差がはっきりと出てしまうギャンブルでは鴨にされるだけで楽しくありません。

ブラックジャック 必勝法 https://blackjack-casino.jp/

ブラックジャックの歴史は意外と古く、有名な小説「ドン・キホーテ」の作者であるミゲル・デ・セルバンテスが似たようなゲームをプレイしていたという記録があるほどです。 そのゲーム、フランスでは「ヴァンテ・アン」、つまり21と呼ばれており、これがブラックジャックのルーツだと言われています。 これが16世紀から18世紀にヨーロッパでプレイされていたようです。 ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。 さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。 だが実際には、3人はホイールがスピンするときの時間を携帯電話を使って計ったらしく、ゲームに干渉した証拠はないとして、警察は9カ月後に捜査を打ち切り、合計130万ポンドを返還した。

だがエウダイモンは、ボールに加わる主要な力を数式に取り込むことで、どのポットに落ちる確率が高いかをコンピュータで計算できるはずだと考えた。 彼らは5年をかけて、磁石を服の下に隠し、それを振動させて合図を送るデバイスを開発した。 カジノ側は不正を疑って警察に通報し、3人(ハンガリー出身の女性とセルビア人に男性2人)は逮捕され、詐欺罪で取り調べられた。

プレイを始める前に各カジノのボーナス規約をよくお読みください。 ジャパニーズカジノは認可されたライセンスを保有するカジノのみを取り扱っております。 例えば、ディーラーもプレイヤーも双方がバーストの場合、引き分けにはならず、無条件で負けが決定します。 ディーラーは17までスタンド(ステイ)できないので、数値がマイナスになれば残りのカードに小さな数字が多くの含まれていることになり、ディーラーに有利。 反対にプラスになれば、絵札が多く残っていることになり、プレイヤーに有利とされます。 ブラックジャックの攻略方が書かれたサイトはたくさんありますね。 基本となるのは、自分の手札とディーラーの表向きにされたカードのコンビネーションに応じて、取るべき最善の行動を述べた下記の図表が存在します。

ただし、ダブルダウンが可能な場合はそちらを優先してください。 ディーラーの追加するカードが10の数字である可能性が高い以上、17以上となるまでヒットし続けることが一番良い方法となります。 ディーラーのアップカード(表向きカード)が7~Aの時は、自分の手持ちカードがハードハンド17以上になるまでヒットするようにしましょう。 もしディーラーが絵札、またはAを持っている場合、あなたの17はそれほどよくもありませんが、ヒットするとバーストしてしまう可能性が高いため、この場合、ヒットはスタンドに比べて悪い選択肢になります。

ブラックジャックのルールを理解するには無料のデモプレイを使った練習が最適。 例えば、ブラックジャックやライブカジノゲーム限定でキャッシュバックを提供していたり、リロードボーナスがもらえたりするサイトがあったりします。 クラシック・ブラックジャックとかなり似ていますが、特定のカードを揃えると無条件に勝てるルールがついています。 カードカウンティングとは、場に出たカードを認識していくことで、まだ出ていないシューの中のカードを把握し、次に来るカードを予想することです。

ディーラーのバースト確率が高ければ、プレイヤーは確実に勝てる手札以外はスプリットで攻める戦略を取り、ディーラーのバースト確率が低ければ、プレイヤーの手札の強さによってスプリットの判断をします。 ブラックジャックのカウンティングとは、プレイヤーがゲームを有利に進めるためのテクニックの1つです。

このレッド7システムは、そこまで複雑な計算は必要ないにも関わらず、充分な効果を発揮する本格的なカウンティングシステムです。 ここでのコツは、デッキの数にマイナス2(-2)を掛けるということです。 例えば、2組のデッキでプレーする場合、「-2×デッキ数2=-4」からカウントを始めるということになります。 KO(ノックアウト)システムは、複雑な計算なしでカウンティングを習得したい方向けの入門編的なカウンティングシステムです。

ディーラーとしての専門知識やスキルを身につけ、プレーヤーの接客をしながら場を演出し、ゲームの盛り上げを担当。 これは以下の原則を理解するのに必要な用語で、ソフトハンドとはAとの組み合わせ、通常のハンドがハードハンドです。 A エース は 1にも11にもカウントできるので、柔軟性があるのでこのように呼ばれるようです。 インシュランスをすると、この様にベット額の半分がさらに横に追加されます。 ブラックジャックのルール を理解するには、まずその数字の数え方を理解する必要があります。 とはいえ、そんな難しいものではなく、非常にシンプルでかんたんです。 だがその努力にもかかわらず、ボールドウィンたちは期待値をプラスにすることはできなかった。

【知ってトク】オンラインカジノ運営の仕組み オンラインカジノ運営の仕組みや、そこに大きく関係するソフトウェア会社について詳しく解説しています。 公平な勝負をする為にはオンラインカジノだけではなく、ソフトウェア会社もしっかりとチェックする必要があります.. カジ旅はゲームをプレイするととRPGのように旅が進む、他のオンラインカジノと比較すると一風変わった楽しみ方ができるカジノです。 バカラでは2種類のライブカジノやスクイーズ(絞り)が実践できるゲームもあり、初心者からハイローラーまで楽しめること間違いありません。 もちろん実際この規則通りにエースが配布されることはありませんが、これを利用して良い結果を得ることができます。 ハイオプトⅡシステムは、集中力と、冷静な判断が必要であると言われます。

21になればブラックジャックだと多くの人が勘違いする傾向にありますが、実際は、最初の2枚のカードが配られた時点で合計が21になった場合のみをブラックジャック、または「ナチュラル21」と呼びます。 そんなブラックジャックも、もちろんオンラインカジノでプレイすることが可能。 オンラインカジノの発展によって、プレイヤー達がいつでもどこでもブラウザを通して遊びやすくなったのも事実です。

さらにカードを引いて21へ近づけるか、カードを引かずにバーストしないことを選択するか、というのがブラックジャックの面白いポイントです。 自分でプレイスタイルを決められる上、全ての数字が消えたタイミングで目標利益を確保しているので、やめどきもわかりやすくなっています。 損益がプラスになればベースとなる賭け金に戻す、という一連の流れで無理せず損失回収をしていく必勝法です。 この10という役割を持つカードは、上手く引けばハンド強化にもなりますし、場合によってはバーストの要因にもなります。 スプリットとは、オリジナルベット(最初にベットした金額)と同額をさらにベットできます。 どんな種類のライブブラックジャックで遊べるのかは、オンラインカジノがどのソフトウェアと契約しているかにより異なります。

ブラックジャックで使える必勝法はオンラインカジノでこそ効果を発揮するものが大半です。 手法が難解であったり、メモが必要になる手法も含まれるからです。 31システム投資法は別名31法、2連勝法などと呼ばれており、その名の通り2連勝すれば利益が必ず出るという必勝法です。 賭け金5ドルや10ドルから始めて勝てば賭け金を1単位減らしていき、負ければ賭け金を1単位増やします。

基本的な考え方は同じですが、サレンダー有り等の場合は、少しアレンジが必要になってくる為、代表的なものを挙げていきます。 組み合わせは表になっているので、最初は見ながら練習していけば、自然と覚えていきます。

手札の合計21もしくはより21に近い方が勝ちになるゲームです。 ぜひ、自分に合ったオンラインカジノサイトから、好みのブラックジャックで、楽しく遊びながら稼いでみてはいかがでしょうか。

数多くのバーチャルブラックジャックが人気プロバイダーからリリースされており、遊びたいテーブルは選び放題。 EvolutionやMicrogaming、そしてPlaytechなどのゲームプロバイダーが、多くの人気ライブカジノ・ブラックジャックゲームを提供しています。 ライブビデオ配信によって、本物のディーラーが進行するテーブルで、リアルなブラックジャックのオンライン対戦を楽しむことができます。

必勝法手札に2枚aがきたら「スプリット」

熟練したブラックジャックプレーヤーであれば、これらのシステムを利用して更にレベルの高いプレーができることでしょう。 ブラックジャックにおける勝ちとは、配られたカードの合計が21を越さずに、かつ21により近いハンド(役)を作ったプレイヤーまたはディーラーが勝ちます。 ただし他に同時にプレイしているプレイヤーは関係ありません(オンラインカジノでは関係ないですね!)。 ブラックジャックには勝率や期待値、カードの出現確率などからより勝ちやすいシステムがすでに確立されています。

また、その時の “感” や感覚で判断するのも決して間違っているわけではないので、実際に使ってみても面白いかもしれません。 では、ブラックジャックのルールに沿ってでプリットを効果的に使うには、どのような場面・タイミングが良いのか。 シンプルにまとめると、最初に配られた2枚のカード(ペア)のままでは勝てそうもない場合、もしくはディーラーのアップカード(表向きのカード)が弱くバーストしそうな場合です。 ダブルダウンとは、最初の手札2枚が配られた際に、プレーヤーが望めば、初めに提示していた賭け金からその2倍の額にベットを増やして大量の勝利金を狙える、というプレーヤーのみに許された特権のことです。 ※ブラックジャックのルールにおいて、基本は1セット/デッキ(52枚)のカードの使用ですが、オンラインカジノでは2デッキ~8デッキ使用する「マルチハンド」と呼ばれるタイプのルールがあります。 つまり、プレーヤー同士が争うことは全くなく、カジノ側のディーラー1人との一騎打ちということです。

インシュランスをというのは、ディーラーがブラックジャックを出した時のために、賭け金の半分の額を追加で、保険として払うという行為です。 これは賭け金の半分を失う代わりに、勝負を降りることができます。 手持ちの2枚の合計が12~16で、ディーラーが10またはエースを持っている場合は、サレンダーを宣言する方が賢明です。 最終的にはプレーヤーとディーラー、どちらが21に近いかで勝敗が決まります。 通常1~7人のプレーヤーが同時にプレイできるようになっていますが、結局はディーラーとプレーヤーの1対1の勝負であるということも覚えておきましょう。

このテーブルの場合、カウンティング合計値は-3なので、テーブル上に10カウントのカードが多く出ています。 配られたカードをカウントした結果、その数字が高いほどテーブルに小さい数字のカードが出ていることになります。

それからは毎日博士のラボに通い、オンカジ、ポーカー、ブラックジャックの研究に付き合い知見を貯めていく。 なので、見つかると出禁になったり、オンカジの場合はアカウントが凍結したりとペナルティを課されてしまいます。 この記事でも何度も話していますが、ブラックジャック(blackjack)はルールがとてもシンプルで、誰でも簡単に覚えることができます。 そんな歴史の中でも、ブラックジャック(Blackjack)に影響を与えた(ブラックジャックが誕生する根源になった)ゲームは3つあると言われています。

特に、ランドカジノ(実店舗のカジノ)の場合だと、疑われるプレーヤーに対してゲームの参加・続行を断れるケースも頻繁にあります。 カードカウンティングをする際に必ず覚えておきたいのが、しばしば「必勝法」と言われるほど効果が期待できる戦術のため、カジノ側はこれを行うプレーヤーを非常に嫌います。 逆に、イーブンマネー(インシュランス)をしておいて、ディーラーは「ブラックジャック」にならなかったとします。 まず、ゲーム自体はプレーヤーの「勝ち」となるので、ベット額40ドルの1.5倍、「60ドル」がめでたく収益として得られます。 その一方で、イーブンマネーの保険20ドルは「外れ」として没収されてしまいます。

  • 仮にディーラーのアップカード(表向きカード)が9の場合で、追加されたカードで10が出たとしても「19」となり、結果プレイヤーの勝ちとなります。
  • また、仮想通貨の入出金のみの対応で、本人確認書類の提出などが不要なため、必勝法・攻略法が匿名性高く使えます。
  • アップカード(見えているカード)が7〜10ならバーストする確率が低いのでヒットし、2〜6ならバーストする確率が高いのでスタンドを選ぶのがセオリーです。

そのため、このようなブラックジャックのルール制限があるテーブルは間違いなくプレーヤーには不利な条件です。 「それじゃ不公平!ディーラーも手札を公開してバーストしてないか確かめてよ!」と言いたいところなのですが、これが万国共通のブラックジャックのルール。 この時、「21」 を超えるまで何枚でもトランプカードを引くことができるので、自分が良いと思うまでヒットし続けます。 勿論、初めの手札で既に17、18、19、20、などの強い合計数になっている場合は、最初からスタンドする(カードを貰わない)やり方が有利な場面も多くあります。 ベーシックストラテジーとは、「プレイヤーの手札」と「ディーラーの見えている1枚のカード」の状況をみて、ヒット、ダブルダウン、スタンド、スプリットのどれが最適な選択かを一目で分かるようにしたものです。

ブラックジャックで勝つためのセオリー

今回はそんなブラックジャックで稼ぐために使うべき、攻略法・必勝法をご紹介していますのでぜひ最後までご覧ください。 カジノに関する最新情報を日々、研究し、プレイヤーの皆様にとって有益な情報を提供するためにチーム一丸となってコンテンツの作成をしています。 ディーラーが「21」にならない限り負けませんし、仮にディーラーが「20」になれば引き分けにはなりますが、この時にスプリットをしたとしてもほぼ負けるので損失が膨らみます。 但し、ブラックジャックの期待値からも稼ぐことが目的なら臨機応変にスプリットをしたほうが良いでしょう。 ちなみに、この「ペア」は数字のペアであって、絵柄は関係ありません。

ブラックジャックの基本とも呼べる必勝法ですので、ぜひこの表を活用し、勝率を上げていただければと思います。 つまり、11以下の時はどのカードを引いても絶対にバーストすることはありません。 手元のカードが11以下の場合は、必ずヒットするようにしましょう。 「8・8」をスプリットし、「8」「8」にした場合、互いに10を引いても「18」となりバーストの可能性は考えられません。 よって、配られた2枚のカードが「eight」だった場合にも、必ずスプリットすることをおすすめします。

サレンダーを選択すれば、賭け金の半分は返金されてくるので、絶対に勝てないようなハンドの場合にはサレンダーもありでしょう。 この状態からヒットをすると、バーストしないためには1か2を引かなければいけません。 プレイヤー目線、ディーラー目線の両方から見ていくことで、どういったアクションが重要なのか理解していくことができます。 手元にあるカードのことを“ハンド”と言い、ハンドの値がいくつになっているのかを常にチェックしておきましょう。 ブラックジャックはオンラインカジノで遊べるカジノゲームのひとつで、最も還元率が高く稼ぎやすいゲームとして有名。 連勝するごとに賭け金を上げつつ、利益の一部を確保していくので途中で負けても一定の利益は出た状態で終えられます。

試合序盤は、他のプレイヤーに近づいて一緒に暗号機を解読するのもありだ。 FireFox もしくは Chrome の最新バージョンをご利用ください。 もともとストリートで友達と溜まるのが趣味だったが、ある日脳汁博士に出会い、その頭の良さに惹かれる。

プレイヤーの手が「12」以上で、 ディーラーのUPカード(表向きのカード)が「6」以下の場合は、 スタンドします。 これは、プレイヤーのバースト(21を超える)の危険を防ぎ、「17」以上になるまでトランプを引かなければならないディーラーのバーストを待つのが狙いです。 罫線の使い方もご紹介 ドラゴンタイガーは簡易版バカラと呼ばれることもあるゲームで、運だけで勝負が決まるので初心者にもおすすめのギャンブルです。 ただし必勝法を把握していないと、安定して勝つことはできませんので、ここでは遊び方や勝つためのコツを解説しています。 また、ブラックジャックでは「10」を引く確率がとても高いので、基本的に見えていないカードは「10」であると仮定して自分のアクションを決めましょう。 ディーラーは手札の合計が17になるまではカードを引くルールがあるので、それをうまく利用した投資法・攻略法を覚えることも必要です。 この点から見ても、賭け金の動きだけ極端にならないよう気をつけておけば、オンラインカジノではかなりバレにくいと言えます。

ブラックジャックで使用するトランプカードは、ジョーカーを除く52枚のトランプ。 10、J、Q、Kは全て「10」とカウントし、1・Aceは状況によって「1」もしくは「eleven」のどちらか都合が良い方の数字としてカウントします。 それ以外の2~9までのカードは表記通りの数字としてカウントするのがブラックジャックのルールです。

このスプリットを使えるタイミングはブラックジャックのルール上で限定されており、最初に配られた2枚のカードが “ペア”(同じ数字のカード)の場合のみ利用できる。 つまり、手札が「8」と「eight」などの “ペア” であった場合、この手を合計数の「16」として通常通りプレーする変わりに、2つの独立した「eight」の手札として扱えるようになります。

これも可能であればできるテーブルがプレイヤー有利となります。 もしスプリットをしてしまうと、プレイヤーの各手札の合計は「4」や「5」で、弱いカードになってしまします。 このケースはヒットと同じルールで賭金を倍にできるダブルダウンなどが最適なアクションですのでスプリットは控えておきましょう。 カードの流れを頭に入れて、場の状況を判断するのが「カジュアルシステム」です。 反対に、ソフト17 (Aと6) 以下は必ずヒットしてください。

のちに「アバディーンの四騎士」と呼ばれるようになるボールドウィンたちは、計算を簡略化するために、つねにカードはランダムに配られるとしていた。 だが実際にラスベガスでブラックジャックをプレイしたことのあるソープは、ディーラーが配るカードによって、デッキ(カードの山)に残されたカードが変わることに気づいていた。 ブラックジャックのハンドの組み合わせをすべて計算すれば、理論上は、完全無欠の攻略法を構築することができるはずだが、これには膨大な計算が必要になる。 ボールドウィンは、「研究」目的で軍のコンピュータを使用する許可を得て、分析部門の仲間2人とともに何カ月も計算を重ね、ついに最適戦略と思えるものにたどりついた。 インシュランスとは、 ディーラーのUPカードが「Ace」の時に、 ディーラーがブラックジャックになる事を予想し、保険をかける事です。 なぜなら、ディーラーのHOLEカードを「10」と予想した時、UPカードが「6」以下であれば、「17」に達しないため、もう1枚引く事になります。 ディーラーは「17」以上になるまでカードを引き続けるというルールがあるため、ディーラーの手の完成系が「16」以下という事はありえません。

関連情報